変形性膝関節症を改善|骨の痛みを軽減できる治療

脚

歩けなくなる関節の病気

サプリメント

年をとると膝の痛みを訴える人が増えますが、その多くが変形性膝関節症です。発症すると進行して末期になると歩けなくなります。原因の一つに遺伝がありますが、多くは長期にわたって関節を使う仕事をしたりスポーツをしたことです。治療は薬物療法と運動療法ですが、特に効果的なのが関節周りの筋肉を鍛えることです。

Read More

無理をすると痛くなる膝痛

模型

中高年に多い変形性膝関節症は、軟骨成分と筋肉の減少が原因であり、無理をすると歩行困難になります。そのため毎日栄養成分を摂取すると良いのですが、効率良く無理無く続けるなら、サプリメントの利用が一番です。

Read More

痛みの原因

健康補助食品

変形性膝関節症は閉経を迎えた女性にも密接に関係しており、年齢が高くなればなるほど発症率は高くなります。多くの人に利用される理由は毎日摂り続ける事で痛みや炎症が和らぎ、以前のような歩行を取り戻す事ができます。

Read More

膝の健康を維持する

女性

温熱療法と冷却療法

変形性膝関節症とは、膝関節にある軟骨がすり減ることで関節自体が変形したり歪みを起こして炎症を起こす症状のことを言います。軟骨は、骨と骨がスムーズに動くようにサポートする役割があるのですり減ると痛みが出るようになり膝を動かす動作が苦痛になります。初期の段階では、朝起きた時に膝に違和感を感じるようになりますが進行すると痛みが出るようになり腫れなども見られるようになります。そのままにしておくと日常生活に支障が出ることもあるので、違和感を感じた時点で整形外科を受診したほうが良いと言えます。変形性膝関節症の自宅で出来るケアとしては、患部に痛みがある時は冷やしそれ以外は温めるといった療法を繰り返し行うことです。

軟骨の形成を促す栄養素

変形性膝関節症の症状改善には、膝の関節部分にある軟骨の形成を促す栄養素を摂取することも大切であると言えます。軟骨の形成を助ける栄養素としては、グルコサミンやコンドロイチン、コラーゲン、ヒアルロン酸などがあげられます。これらの栄養素は、もともと人間の体内にも存在するものですが加齢の影響によって年齢を重ねるほどどんどん不足していくと言われています。特に、変形性膝関節症になりやすい中高年の女性は運動不足から筋力低下の影響も受けやすいためより効果的に栄養素を積極的に摂取していくことが必要になります。なるべくサプリメントなどの健康食品から摂取するようにすると、手軽に日々継続して摂取できるようになります。